新卒薬剤師が老人ホームへ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師が老人ホームへ転職

新卒薬剤師が老人ホームへ転職

薬剤師の職場というと、病院や調剤薬局などの医療機関が多いのですが、近年では老人ホームや介護施設などの福祉施設も多く新設され、そうした施設からも薬剤師のニーズが増えています。老人ホームにおける薬剤師の役割は、入居者の処方箋に基づいた調剤業務や医薬品管理など。病院や調剤薬局に勤務する場合には、毎日不特定多数の患者さんが処方箋を持ってくるため、季節によっては大忙しで残業しなければ仕事が終わらないという事もありますが、老人ホームの場合には職務を行う対象となるのは入居者だけなので、マイペースで仕事をしたい人にはおすすめの職場といえます。

老人ホームへの転職を考える際には、いくつか気をつけておきたい点があります。まず、病院や調剤薬局では、わからない点は先輩の薬剤師が指導してくれますが、老人ホームにおける薬剤師の数は少ないため、場合によっては薬剤師は自分一人だけという事も考えられます。即戦力にならない人材だと、仕事を始めてから重くのしかかるプレッシャーからストレスを引き起こしてしまうことも考えられるので、基本的な調剤業務ができる実力があることを前提とした転職と考えたほうが良いでしょう。

また、老人ホームで働く薬剤師の数は少ないため、不安な点やわからない点は、自分自身で解決するしかありません。そのため、経験が少ない新卒薬剤師にとっては、職務の中で勉強会や研修会に積極的に参加することが望ましいもの。施設によってはこうした勉強会や研修制度が充実している職場もあるので、新卒薬剤師の場合にはそうした制度が充実した転職先を見つけることが必要です。病院などの医療機関が運営している老人ホームなどでは、薬剤師を対象にした研修やセミナーが開催されることも多いため、そうした機会を有効活用しながら薬剤師としての経験値をアップすると良いでしょう。

リクナビ薬剤師のような転職サイトでは、老人ホームからの薬剤師求人もたくさん掲載されています。こうした転職サイトは広い地域の求人を豊富に取り扱っているだけでなく、条件や希望に合わせて求人を絞り込むこともできるので、効率的な仕事探しが可能となります。また、リクナビ薬剤師のようなサイトでは、登録すると老人ホームへの転職にも詳しいプロのカウンセラーが専任で転職活動を担当してくれ、プロの視点から的確なアドバイスを受けることもできます。不安な点や分からない点などもカウンセラーからのアドバイスがあれば心強いですし、薬剤師としてのキャリアを見据えて転職活動ができそうです。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.