新卒薬剤師がネット販売へ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師がネット販売へ転職

新卒薬剤師がネット販売へ転職

薬剤師の主な職務は調剤業務。これは、病院や調剤薬局、またはドラッグストアなどに処方箋を持ってきた患者さんに対して調剤業務を行ったり、服薬指導や副作用のリスクを説明するなど、安全に医薬品を利用してもらうためのサポートを行うというもの。こうした調剤業務は本来、患者さんと対面して行っていましたが、ネットショップで医薬品の販売をするようになり、薬剤師が活躍できる範囲も、対面式からネット販売へと広がっています。新卒薬剤師の中にはネット販売に詳しい人も多く、これからもっと広がっていくと予想されるネット販売という分野で薬剤師としての知識を学んだり経験を積んでいきたいと考える人も多いのではないでしょうか。

ネット販売で薬剤師の資格を生かして働くためには、医薬品の販売を行っているネットショップからの求人を見つけることが必要です。ハローワークなどではネット系の求人は取り扱っていないことが多いので、リクナビ薬剤師のような転職サイトを活用する方法がおすすめです。転職サイトでは幅広い地域の求人を豊富に取り扱っているだけでなく、職種や職場、条件や待遇などで仕事を絞り込むことができるので、効率的で効果的な仕事探しができます。

ネット販売における薬剤師の職務は、主に利用者からの質問や問い合わせに対応したり、副作用などについて説明を行うお仕事。その企業が販売している医薬品に関しての専門的な知識が必要になりますが、病院で調剤業務を行う時のように複数の診療科目から膨大な種類の処方箋が送られてきて、一つ一つを理解することを求められるような業務と比べると、比較的のんびりした環境の中で働ける職場が多いといえます。

新卒薬剤師がネット販売へ転職する際には、その後のキャリアも良く考えながら転職先を探したいもの。キャリアを目指すのではなく、仕事と家庭を両立させたい人ならパート勤務でネット販売企業で働くという方法も良いですが、まだ薬剤師としての経験も浅く、知識も実力もない新米薬剤師にとっては、ネット販売で特定数の医薬品に関してしか知識や経験を積むことができないのは、薬剤師のキャリアにとってはマイナスになってしまうことも考えられます。医薬品に関する服薬指導などのカスタマーサービス的な技術は身につけることができるので、そうした経験を生かしてドラッグストアや調剤薬局へ転職することができるのかどうかという点も含めて、リクナビ薬剤師など転職サイトに相談してみることをお勧めします。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.