新卒薬剤師が独立行政法人へ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師が独立行政法人へ転職

新卒薬剤師が独立行政法人へ転職

薬剤師の転職先として最近注目されている職場の一つに、独立行政法人があります。独立行政法人というのは製薬会社のように新薬の開発や難病の治療に向けて薬学的な立場から治療方法を模索するといった研究業務を主な職務とする機関ですが、民間の企業と大きく異なるのは、営利目的で運営されている企業ではないという点。独立行政法人は公務員と同じような扱いとなり、一般的な公務員の年収と同じぐらいの収入となります。こうした機関は、根治が難しい疾病や疾患の治療を目指した医療のために設立されていることが多く、それぞれの診療科目や病理に分類されて専門性の高い研究業務が行われています。新卒薬剤師にとっては、薬学の知識を生かして研究業務に専念することができる職場なので、研究職をしたい薬剤師にとっては人気のある転職先の一つとなっています。

独立行政法人は、お給料面では製薬会社などの企業と比べるとあまり高くありません。収入面では公務員と同じような感じになるため、残業手当などもありませんし、ボーナスなどもあまり期待できないもの。しかし、独立行政法人に勤務して培った経験や知識、実績などは民間企業からも高く評価されることが多く、独立行政法人から製薬会社へ転職する人の多くは、かなり高収入でキャリアアップ転職を果たしています。また、病院へ転職する場合でも、管理職的な立場で転職できることが多いため、薬剤師のキャリアを目指したいとい人にとっては、独立行政法人への転職は理想的な転職先の一つといえます。

独立行政法人は、公務員のように毎年定期的に新卒採用をしている機関ばかりではないため、特定の行政法人へ転職を希望する場合には、求人募集がかかるタイミングに合わせて転職活動をする必要があります。リクナビ薬剤師のような転職サイトを活用すれば、いつ求人が出るかわからないお仕事でも、あらかじめ条件や希望を設定しておくとリアルタイムで通知してくれる機能が充実しています。

転職を切望する新卒薬剤師にとっては、いつ求人が出るか分からないお仕事をひたすら待つというのはかなりの忍耐力が必要となりますが、現在の職場で頑張りながら希望する転職先から求人が出るまで頑張りましょう。こうした転職サイトでは、薬剤師の転職や独立行政法人について精通しているプロのカウンセラーが仕事探しをサポートしてくれます。独立行政法人という特殊な機関からの求人情報についても的確なアドバイスをくれるので、仕事探しに役立てることができそうです。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.