新卒薬剤師が病院へ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師が病院へ転職

新卒薬剤師が病院へ転職

病院で働く薬剤師はたくさんいます。病院で働く薬剤師の仕事は、主に院内薬局における調剤業務となりますが、キャリアを積めば薬剤管理や治験業務などに携わることもできるため、薬剤師としてのキャリアの可能性が期待できる職場といえます。病院では毎年たくさんの薬剤師を定期的に新卒採用していますし、新卒入社してから短期間で転職を希望する第二新卒枠を持つ病院も多いため、新卒薬剤師の転職では比較的転職しやすい職場が多いといえます。

病院への転職を希望する場合には、それまでどんな職場で働いていたかはあまり重要視されず、病院の雰囲気になじめるか、他の薬剤師とチームとなって働けるかという点が面接においては審査されます。たくさんの第二新卒を採用している病院でも、一度は社会に出て薬剤師として働いた経験がある人に対しては「なぜ転職を考えたのですか?」という質問がされることは、あらかじめ理解しておかなければいけません。そして、転職理由が仮に職場の人間関係などマイナスの理由の場合、面接においてマイナスの転職理由を言ってしまうのは賢くありません。できるだけ「転職することによって自分の薬剤師としてのキャリアにプラスにできる」ような理由を見つけましょう。

病院への転職を希望する場合には、リクナビ薬剤師のような転職サイトを活用する方法がおすすめです。こうした転職サイトの中には全国規模で薬剤師の求人情報を取り扱っているサイトも多く、規模の大きな病院から小さめのクリニックまで幅広い求人情報が掲載されています。経験の少ない薬剤師の場合には、小さな規模のクリニックなどでは責任やプレッシャーが大きくなりすぎてしまうこともあるので、できるだけ複数の薬剤師が働く大規模な病院の方が安心です。

病院で勤務する薬剤師には夜勤はありませんが、病院によって残業が多くなることは考えられます。調剤業務が忙しい病院などは、季節によっては短期アルバイトの薬剤師を雇用することもあるため、残業が多くなる可能性があることは転職前に理解しておいた方が良いかもしれません。ただし、短期間でもたくさんの調剤業務をこなしながら経験や知識をみにつけることができる病院なら、薬剤師としてのキャリアアップにはプラスになる転職先と言えるでしょう。ただし、家庭と仕事を両立させたい人にとっては、残業の多い病院への転職は、プライベートとの両立が難しくなってしまうかもしれないので注意しましょう。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.