新卒薬剤師がドラッグストアへ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師がドラッグストアへ転職

新卒薬剤師がドラッグストアへ転職

薬剤師のお仕事は、一般事務など資格が必要ない職種と比べるとお給料は一般的に高めに設定されています。しかし、資格を取得したばかりの新米薬剤師にとっては、新卒のお給料はそれほど高いわけではなく、しかも看護師や医師のように夜勤をして夜勤手当がつくわけでもない薬剤師は、仕事を覚えてキャリアや経験を積むまではなかなかお給料が高くなりにくいのも特徴です。新卒薬剤師のお給料は、病院や調剤薬局などによって異なりますが、新卒でもお給料が比較的高いと言われているのが、ドラッグストア。そのため、新卒で病院へ就職したものの、お給料が安くて激務なために転職を考え、できるだけ年収が高いドラッグストアへの転職を希望する人も少なくありません。

ドラッグストアへの転職では、いくつか気をつけておきたい点があります。まず、ドラッグストアといっても必ずしも調剤薬局が内設されているわけではないため、調剤薬局が内設されていない店舗で働く場合には、薬剤師は調剤業務を一切行うことはありません。ドラッグストアで販売されている医薬品の管理や発注業務に加え、どの薬が自分の症状に合うのかを相談しに来た利用者に対して適切なアドバイスをすることが薬剤師の職務となります。薬剤師の仕事というとメインの職務は調剤業務なのですが、新卒で十分な調剤経験がない薬剤師がドラッグストアに転職してしまうと、薬剤師としての基本的な知識や経験を知らないまま年齢を重ねてしまうことになるので注意しましょう。将来的にドラッグストアへ転職する場合でも、最初の数年間はやはり病院や調剤薬局で調剤業務をしっかりと身に着けたほうが、薬剤師のキャリアという点ではおすすめです。

ドラッグストアの年収は、経験が少ない新卒薬剤師でも高めに設定されている店舗が多いようです。新卒薬剤師でも年収450万円というのは、他のどの職業と比べてもかなり高め。転職先としてはかなり魅力的に見えるはずです。最近ではドラッグストアの中でもチェーン系ストアにおいては、薬剤師がどんどんキャリアアップできるシステムが採用されていたりしますが、多くのドラッグストアでは、薬剤師の仕事は店内の服薬指導や医薬品管理だけでキャリアアップにつながらないケースも多いため、転職先を選ぶ際にはどのドラッグストアにするのかも慎重に考えたほうが良いでしょう。リクナビ薬剤師のような転職サイトを活用して仕事探しをすれば、カウンセラーから的確なアドバイスを受けることもできるのでおすすめです。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.