新卒薬剤師が調剤薬局へ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師が調剤薬局へ転職

新卒薬剤師が調剤薬局へ転職

薬剤師が調剤薬局へ転職する場合には、どのようなタイプの調剤薬局へ転職するかによって働き方が大きく異なります。大学病院や総合病院など、大きな病院の周辺に存在している薬局は門前薬局と呼ばれていますが、多くの診療科目からの処方箋を受け付けるため、実務の中で薬剤師としての経験を積むことができます。大規模な総合病院では週末は外来を行わないことが多いため、門前薬局でも週末は完全にお休みになる職場が多いといえます。土日は休みたいという人にとっては、大規模な病院の周辺にある門前薬局タイプの調剤薬局への転職は、薬剤師としてのキャリアを積むこともできて週末がお休みになるので、大きなメリットと満足感を得ることができます。

近年では医療の分業化が進んでいるため、それまでは院内処方箋を行っていた小規模なクリニックでも、最近では院外処方箋を取り入れている所が増えています。小規模なクリニックの周辺にある調剤薬局は、特定のクリニックからの処方箋をが大半になるため、マンツーマン薬局と呼ばれています。小規模なクリニックの運営時間に合わせてマンツーマン薬局の運営時間も異なるため、土曜日は半日お仕事だったり、平日がお休みになることも多いようです。こうしたマンツーマン薬局では薬剤師の採用も正職員よりもパートやアルバイトで採用することが多いのが特徴です。また、勤務している薬剤師の数も少なく、薬剤師として最低限の知識やスキルがあることが要求されるので、新卒薬剤師にとっては少しハードルが高い職場と言えるでしょう。

調剤薬局の中には、病院の近隣ではなく駅前などにあり、多種多様な病院から幅広い分野の処方箋を取り扱っている薬局もあります。こうした薬局では大勢の患者さんが利用するために規模が大きな薬局になっていることも多く、実務の中で多くの調剤業務をこなすことができるので、薬剤師としてのキャリアにとってはプラスとなります。新卒薬剤師にとっても、先輩薬剤師から指導を受けながら働くことができるので、大きなプレッシャーや負担を感じることなく仕事ができるというメリットがあります。

ただし、このタイプの調剤薬局は、土日も営業していることが多いですし、夜も遅い時間まで営業していることが多く、勤務する薬剤師もそれに合わせてシフト勤務になるのが一般的です。薬剤師としての経験を積んでキャリアに生かしたい人なら駅前やショッピングモールなどの面分業薬局や門前薬局が良いですし、数年間の経験があってのんびり働きたいという人なら、小規模なマンツーマン薬局が向いている可能性があります。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.