新卒薬剤師が一般企業へ転職

新卒薬剤師TOP >> 転職先別 >> 新卒薬剤師が一般企業へ転職

新卒薬剤師が一般企業へ転職

新卒薬剤師が一般企業へ転職する場合には、第二新卒という枠を活用する方法がおすすめです。第二新卒というのは、新卒入社した薬剤師が3年未満の短期間で転職する際に適用される枠で、それまでの期間に培った経験などはあまり考慮されずに転職できるというメリットがあります。社会人になってから3年が過ぎてしまうと、第二新卒枠では転職することができなくなってしまうため、薬剤師としての経験や知識、実績などがなければ転職先を見つけることも難しくなってしまいます。

一般企業でも、薬剤師の資格を活かして働けるところはあります。医療機器メーカーや製薬会社、化粧品会社などが当てはまりますが、最近では健康食品を開発製造する食品メーカーなどにもニーズがあります。一般企業の中でも規模の大きな企業では第二新卒枠での薬剤師採用を行っていますが、規模が小さな企業になると第二新卒枠がないどころか、薬剤師の採用は欠員が出た時に随時行うという企業もあるので注意しなければいけません。一般企業ならどこでも必ず第二新卒採用を行うというわけではないのです。

新卒薬剤師が一般企業への転職を考える場合には、まず最初にどんな企業が第二新卒での薬剤師採用を行っているのかをリサーチすることから始めましょう。そこでおすすめなのが、リクナビ薬剤師などの転職サイトを活用する方法です。リクナビ薬剤師などは取り扱っている求人情報はすべて薬剤師のものだけ。全国規模で多くの求人を取り扱っていて、自分の希望や条件に合わせて求人を絞り込むことができます。特に、薬剤師を採用している一般企業の多くは転職サイトを利用して求人募集をすることが多いため、ハローワークなどで仕事を紹介してもらうよりもはるかに効果的で効率的な仕事探しができます。

一般企業に転職するという事は、薬剤師にとってそれまでの業務と何が変わるのでしょうか?まず、薬剤師のニーズがある一般企業のほとんどが都市部にあるため、それまで自宅から通いやすいロケーションで働いていた人にとっては、通勤にかかる時間が長くなったり、マイカー通勤ができなくなってしまうことが考えられます。また、一般企業においては薬剤師は研究開発業務に従事することが多いため、薬剤師のメインの職務でもある調剤業務は行いません。新薬の開発、食品や化粧品の開発など、企業によって何を開発をするかは異なりますが、薬学の知識を生かして研究開発に尽力したい人にとっては、一般企業への転職で大きなやりがいと達成感を感じられるはずです。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.