新卒薬剤師が転職した場合の自己PR

新卒薬剤師TOP >> 転職活動 >> 新卒薬剤師が転職した場合の自己PR

新卒薬剤師が転職した場合の自己PR

薬剤師という職業にかかわらず、新卒で働き始めてから短期間で転職先を探す場合には、転職活動の一つ一つが新卒の就職活動とは大きく異なるので、あらかじめ理解しておきましょう。転職活動の際に提出する履歴書にも自己PRを記入する項目があったり、面接でも自己PRをしてくださいと言われることもあるでしょう。新卒の就職活動なら、自分の性格をアピールすればそれだけで好感度を与えることができますが、一度社会人として働いている薬剤師が、短期間で別の職場への転職を考える場合には、ただ自分の性格の良さをアピールしただけでは面接官に好印象を与えることができません。第二新卒では第二新卒ならではの自己PR法があります。

まず、自己分析が客観的にできているかどうかが審査されます。新卒の就職活動では「根気があって粘り強い性格です!」と自己PRをすれば「それじゃ期待できそうですね」とプラスに受け止められることがほとんどです。しかし、新卒入社後すぐに転職活動をしている人が同じ発言をしても、「根気があって粘り強いなら、どうして同じ職場で1年間も我慢できないのですか?」と逆に突っ込まれてしまいます。つまり、説得力がない自己PRをしても、それは面接官に好印象を与えないどころか、逆に嫌悪感を与えたり、自己分析ができていない子供だと思われて採用につながりにくくなってしまいます。

自己分析がどのぐらい客観的にできるかどうかは、新卒薬剤師の転職には欠かすことができません。そこでおすすめなのは、薬剤師という職務についてアピールしたり、自分の性格をアピールするのではなく、以前の職場で経験したり学んだことを、次の職場でどのように生かすことができるのかを考えた自己PR。どのような経験からでも人間は学ぶことができるはず。その経験をプラス思考で次の職場へ生かすことができるなら、新卒薬剤師でも面接官に「ふむふむ、期待できる人材だな」と思わせることができそうです。

また、面接において自己PRをする場合には、どこかの面接マニュアルを丸暗記するのでは気持ちが伝わりません。面接で自分の口から発言する内容が面接官の心に響くためには、必ず自分の言葉で発言をすること。面接対策としてマニュアル本を活用することは悪いことではありませんが、丸暗記は避けて、マニュアル本に書かれていることを理解して、それを自分自身の言葉に置き換えて話すことによって、言葉に気持ちを入れることができます。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.