新卒薬剤師が転職した場合の面接対策

新卒薬剤師TOP >> 転職活動 >> 新卒薬剤師が転職した場合の面接対策

新卒薬剤師が転職した場合の面接対策

新卒薬剤師が転職する場合には、転職活動は新卒の時の就職活動とは少し事情が異なります。新卒の就職活動では、まだ社会人としての経験はゼロですから、前の職場でどのような仕事をしたなどと薬剤師の経験について質問されることはありませんし、質問されることといえば、なぜその病院や薬局、企業を選んだのか志望動機ぐらいではないでしょうか。しかし、一度新卒として働いた経験がある薬剤師の場合には、なぜその病院や薬局、企業を選んだのかという志望動機に加え、なぜ以前の職場を短期間で辞めたいのかなど、その理由も聞かれることになります。そのため、新卒薬剤師が転職する場合には、面接対策には十分な準備が必要となります。

以前の職場を辞めたいと思った理由は、人によって異なります。職場での人間関係がストレスだったとか、残業が多くてプライベートがまったく充実できなかったとか、職場環境に不満を抱えて転職を決意する人も少なくありません。しかし、面接でそうした発言をしてしまうことは、面接官にマイナスの影響を与えてしまうので、控えたほうが良いでしょう。その病院や調剤薬局、もしくは企業で働きたい志望動機は、必ずプラスの理由でなければいけません。

どのような面接対策をすれば良いのか分からないという人も多いはず。その場合には、転職活動をサポートしてくれるリクナビ薬剤師のような転職サイトを活用しながらの仕事探しがおすすめです。こうしたサイトでは、薬剤師の転職に精通したプロのカウンセラーが転職活動をサポートしてくれます。新卒薬剤師が入社後すぐに転職したい場合などには特に、カウンセラーからのサポートがしっかりされているので、わからないことや不安なことはぜひカウンセラーと情報を共有し、相談しながら転職活動をしましょう。面接でどのような質問がされるか、面接対策をサポートしてくれたり、不安な場合には面接場所まで同行してくれるケースもあるようです。

転職サイトを利用した仕事探しには、他にもたくさんのメリットがあります。例えば、薬剤師の職場には病院や薬局、ドラッグストア、製薬会社などいろいろな職場がありますが、全ての職場で新卒薬剤師の転職希望者を採用しているわけではありません。新卒から3年未満の場合には第二新卒という枠で転職活動を行うことができますが、第二新卒枠を適用していない職場も少なくないため、新卒薬剤師が効率的に希望に近い転職先を見つけるためには、この第二新卒枠を適用している職場を探す方法がおススメです。転職サイトでは、第二新卒を受け入れている企業も絞り込むことができるので、効率的な仕事探しができます。

新卒薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 新卒薬剤師求人ナビ【※1年目で転職願望のあるアナタへ】 All Rights Reserved.